ヨイキゲンさんで行われました、岡山県産酒を推奨する会の酒蔵文化祭の写真等々を掲載します。当サイトの写真は人物が移ってるものは転載不可です。それ以外の写真は規定に則り転載していただいて結構です。

今年で2年目の岡山県産酒を推奨する会の呑み切りは、岡山県総社市清音のヨイキゲンさんに場所を移し、蔵元文化祭として、蔵元周辺の方々のご協力を頂き盛大に開催されました。

天気も暑くもなく寒くもなく・・・。私も岡山県産酒を推奨する会の一員として、入り口付近で車の誘導に携わり、わずかな、貢献をしたと自負しています。

会場準備中
会場準備中

早朝から色々な方々が会場の場準備に追われ、あわただしく、開場の時間を迎えたのであります。

開場外でのスッタフ活動のため、ステージなどの写真は全く取れませんでした。(ステージ周りの設営のお手伝いはしましたが・・・。)

お昼から、倉敷小売酒販組合の『倉敷地酒販売講習会』が同会場内で開催されるため、スッタフの役目を終え、しばし会場内を散策して記録写真の撮影にいたりました。

呑切りの酒

今回のメインイベントの呑み切りも盛況で、会場内は人であふれ、息苦しくなるようでした。
各酒蔵の方たちも一般のお客様と酒質や味に付いての話をしたりで、相当忙しくされていました。

呑み切りは、前回と同様、銘柄を隠しての試飲となっています。参加者の方々にアンケートにご記入頂き、好まれる酒質を参加蔵元で分析検討させていただきます。

呑みきり会場の写真

飲みきり会場の盛況ぶりをご覧ください。

酒蔵文化祭風景

開場もご夫婦やお子様連れなど沢山の方々で賑わい、盛況でした。

この日のために、ご尽力いただいた、蔵元(株)ヨイキゲン様に感謝。

酒蔵文化祭風景